ハーブ系リキュールの買取- 3件

輸入禁止にもされていた「アブサン」の買い取り

輸入禁止にもされていた「アブサン」の買い取り

コカレロやイエーガーマスターと同じ、ハーブ系のリキュールといえば、「アブサン」を外して語ることはできません。
一時期は、一部の国で輸入禁止になったこともある、ある意味有名なお酒です。
この記事ではアブサンの味わいや飲み方、お酒買取り市場での相場などをご紹介します。

アブサンとは

画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/shot-3/absinth_700/

アブサンはフランスやスペイン、チェコやスイスなど、ヨーロッパ各地でつくらているリキュールです。
多数のハーブがブレンドされているのが特徴で、特にニガヨモギ、アニス、ウイキョウがメインの材料とされてます。
元々はスイスで栽培されていたニガヨモギを原料として、薬用目的に開発されたのですが、その製法を医師から買い取ったフランスのペルノーが、アブサンの販売を開始しました。

安価に製造できるお酒であったため、大量の中毒者を生み出し、著名な芸術家の中にも、アブサンが元で身を持ち崩す人が続出したことは有名な逸話です。
ゴッホや、ロートレックといた画家もアブサン中毒といわれています。
中毒者を生み出す原因は、主原料であるニガヨモギに含まれる、ツジョンという成分が引き起こす向精神作用にあり、スイスやドイツ、アメリカでは、製造・販売が禁止されていた過去がありました。

しかし当時でも、販売目的ではない個人による醸造は取り締まられておらず、各地で盛んに醸造されていたようです。
現在では、ツジョンによるアブサン中毒そのものが疑問視されており、ツジョン含有量の規定はありますが、規制そのものは解除されています。

アブサンの飲み方はどんな感じ?

画像引用元:http://migi.hatenablog.com/entry/absinthe

アブサンはアルコール度数が非常に高く、70%以上のものがその大半を占めており、ものによっては90%近いものまで存在します。
当然ショットでも飲めますが、かなりきついので加水をして飲むのがおすすめです。
また加水をすると非水溶性の成分が析出するので、薄緑色のアブサンが薄っすらと白濁します。
かなり幻想的な見た目ですので、ぜひ試していただきたいです。

また1番伝統的な飲み方は、グラスの上にアブサンで濡らした角砂糖を乗せたスプーンを渡し、角砂糖に火を点けます。その火をミネラルウォーターで消火し、よくかき混ぜたものを飲むという方式です。

買取り価格の相場

アブサンの販売価格は5,000円から10,000円程度と、銘柄によって金額の幅があります。
そのため買取り価格は、1,500円から4,000円辺りが多いようです。

ハーブのいい香りの「コカレロ」の買い取り

ハーブのいい香りの「コカレロ」の買い取り

テキーラ、イエーガーマスターに並ぶ、クラブシーンで大流行中のお酒といえば「コカレロ」以外にはありません。
最新のパーティードリンクとして一気に有名になりました。この記事では、コカレロの味わいや飲み方、お酒買取り市場における相場観などをたっぷりとご紹介します。

コカレロとは

画像引用元:https://luline.jp/magazine/none/cocalero/

コカレロは、南米原産の伝統的なハーブ酒です。
名前の通り、原料にはコカの葉が使用されています。コカの葉と聞くと、麻薬のコカインを連想する方もいるかもしれませんが、こちらのお酒には、麻薬成分は一切入っていません。
安心して飲むことができます。 コカの葉以外に、アマゾンガラナ、ラベンダー、ジュニパーベリー、ミント、朝鮮人参、生姜や緑茶、オレンジピールといった、17種類のハーブがブレンドされている、古くから南米で飲まれてきたお酒です。
現在販売されているコカレロは、アイルランドが原産となっており、アルコール度数は29%と、ショットで飲むお酒の中ではアルコール分は軽めといえるでしょう。

多種類のハーブの組み合わせが魅力的なお酒と言う意味では、イエーガーマスターと似通っていますが、飲み口はどちかというと爽やかで、お酒の色あいも味に似て綺麗な緑色です。
パリピの間で人気が出るのも頷ける、お洒落なビジュアルが特徴的といえます。

コカレロの飲み方はどんな感じ

画像引用元:https://cafe-bar-jack.com/2017/07/11/post-686/

コカレロの最もベーシックな飲み方といえば、ショットではないでしょうか。
しっかり冷やして、ライムと一緒にショットで飲むとテキーラとは一味違う味わいを感じることができます。
また他にも、コカレロとジャックダニエルを1:1でショットグラスに注いで飲む、ジャックハイも人気です。

しかし1番人気の飲み方といえば、ボムグラスを使用したコカボムしかないでしょう。
専用のボムグラスの下部分に割り材を入れ、上部にコカレロを注いで完成します。
中でもレッドブルと合わせるスタイルが、最もメジャーな組み合わせのようです。
レッドブルのカフェインとコカレロがの相性はかなり良く、お酒に弱い人は一気に酔いが回ってしまうので、十分に注意して飲んでください。

買取り価格の相場をご案内

コカレロは1本5,000円前後で販売されているお酒ですので、買取り価格は2,000円程度といったところでしょうか。
ボムグラスやショットグラスがセットになっている場合は、もう少し高いかもしれません。どちらにせよ流行中の今が売りどきです。

薬草効果で健康にいい!?「イエガーマイスター」の買い取り

薬草効果で健康にいい!?「イエガーマイスター」の買い取り

ショットで飲むお酒は、何もスピリタスばかりではありません。
今回の記事でご紹介する、「イエーガーマイスター」のようなリキュールも存在します。
クラブなどのパーティーシーンでも大流行したため、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

イエーガーマイスターとは

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-700ml-35%E5%BA%A6-%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81/dp/B0060LC1SW

イエーガーマイスターは、ドイツが原産国のリキュールでアルコール度数は35%と、ショットで楽しめるお酒の中では度数は低い方です。
全ての原料が公開されているわけではありませんが、アニスやキャロブ、甘草、サフラン、フェンネル、カモミール、ゲンチアナなど、56種類もの果物やハーブ、草根木皮を使用して製造されているといわれています。
これらの素材を蒸留酒に漬け込み、一定期間寝かせた上でさらに蒸留し、オーク樽にて熟成させることで完成するといわれていますが、製法に関しても公開されていないので、その実態に関しては不明です。

多数のハーブからエキスが抽出されているので、薬効があると信じられており、実際にドイツでは薬代わりに飲用しているユーザーも多いです。
確かに素材を見る限りは、かなり体に良さそうに思います。また1980年代にはニューオリンズで大ヒットし、アメリカ国内での人気を確かなものとするなど、世界的にも人気が高く、年間690万ケースも売れているという売上データがあり、リキュール類の中では世界で最も売れているお酒といえるでしょう。

イエーガーマイスターの飲み方はどんな感じ

画像引用元:http://chie.media/I0002913

薬用として親しまれているドイツでは、ショットで飲むことが多いようです。
その際はボトルが凍りつくくらいしっかりと冷やしてから飲まれています。
他には、様々な割り材を使用する飲み方も人気です。

かなり特徴的な味でクセも強いため、世界的にはジュース類と混ぜて飲む飲み方の方が主流かもしれません。
コーラやジンジャエール、オレンジジュースで割って、カクテルとして飲まれています。
また日本のクラブシーンでは、大ヒットしているエナジードリンクのレッドブルとブレンドした、「イエーガーボム」という飲み方が若者の間で大流行しています。
いつの間にかテキーラを超える、パーティードリンクの新定番になりました。

お酒買取り市場での買取り価格の相場

イエーガーマイスターは、1本2,000円以下の安価なお酒ですので、買取り価格も安いです。
700円から800円といったところではないでしょうか。

  • 1