メジャーなお酒の買取- 3件

少しあるクセがやみつき「ジン」の買い取り

少しあるクセがやみつき「ジン」の買い取り

ショット好きな方なら、1度は飲んだことがある蒸留酒といえば、「ジン」は必ずラインナップするのではないでしょうか。
あの特有の、「なんともいえないクセのある味わいがやみつき!」という方もおられると思います。
この記事ではジンの味わいや飲み方、お酒買取り市場での相場観など、ジンの魅力について語りつくす予定です。

ジンとは

画像引用元:https://renote.jp/articles/6375

ジンは西ヨーロッパでよく飲まれているお酒で、大麦、ライ麦、じゃがいもが主原料の蒸留酒です。
原料だけ見るとウォッカとそっくりといえます。
現在主流となっている「ドライ・ジン」は原料を蒸留し、高濃度のスピリッツをつくり、ジュニパーベリーを加えることで香りづけをすることで完成する、アルコール度数40%程度のお酒です。
起源はオランダといわれており、元は薬用酒としてつくられていたといわれています。

アルコール度数が高く、簡単に量産できるので価格も大変安価でした。
それが原因で18世紀に起こった産業革命時には、ロンドンの低所得な労働者の間で人気のお酒となり、ジン中毒者を多数出すといった社会問題に至った歴史を持ちます。
20世紀以降、上流階級の間でカクテルが流行し始め、カクテルベースとしてジンが見直されることになり、再び日の目をみることになるのです。

ジンには種類がいくつかあり、最も普及しているドライやオランダでつくられている原型に近いジェネヴァ、ジュニパーベリーを発酵させてつくるドイツのシュタインヘーガー、雑味を抑えるために砂糖を加えたオールド・トム・ジンなどが存在します。

ジンの飲み方はどんな感じ?

やはりカクテルベースとして飲まれることが多いです。
ジントニックやギムレット、マティーニ、シンガポールスリングやトム・コリンズなど、様々なカクテルに使用されています。
次に多いのはショットグラス注いで、ストレートで煽る飲み方です。
ジンそのもののクセが好きな人の中は、ショット以外では飲まないという方も多く、通好みな飲み方といえるでしょう。

買取り価格の相場について

画像引用元:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27042984/dtlrvwlst/B111940364/

ジンは基本的に安価なお酒ですので、買取価格はあまり高くありません。
しかしオランダの「ノールズ ジュネヴァ 20年」のように8,000円近い高値で買取りされる銘柄もあります。
また、最近できた京都蒸溜所のジンも人気があり、高額で取引されているようです。
元値が5,000円弱ですので、2,000円前後といったところでしょうか。

余計な味がないクリアな「ウォッカ」の買い取り

余計な味がないクリアな「ウォッカ」の買い取り

ショットで飲む強いお酒といえば、「ウォッカ」は定番のお酒といえるでしょう。
テキーラやジン、ラムと並び、世界の4大スピリッツとして親しまれています。
この記事ではウォッカの魅力や味わい、お酒買取り市場での買取り価格の傾向をご紹介します。

ウォッカとは

画像引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%AB

ウォッカは元々、ロシアやウクライナのような東欧圏、スウェーデンなどの北欧圏、ポーランドなどの中央圏といった、ヨーロッパの特に寒い地区で広く飲まれている蒸留酒です。
「voodka(ウォッカ)」はスラブ語で水を意味する言葉で、その起源には諸説あります。
ラテン語でブランデーを示す「aqua vitae(命の水)」と呼ばれる、葡萄を原料とする蒸留酒の製法が元になっているという説が有力です。

aqua vitaeはイギリスではウイスキー、フランスではブランデーの起源となりました。
原料は大麦や小麦、ライ麦、じゃがいもなどの穀類が中心で、蒸留後に白樺の炭で濾過することで、あの独特の香りがつくのです。
最近のウォッカは、度数95%以上の中性スピリッツになるまで蒸留と濾過を繰り返すため、香りづけがされない場合は無色透明のエタノールの塊のような味になります。

実際に市販されているウォッカは加水されているので、実際のアルコール度数は40%程度です。
「ウォッカは火がつくほどアルコール度数が高い」というイメージは加水前のものと思われます。

ウォッカの飲み方はどんな感じ?

1番ベーシックな飲み方は、やはりショットグラスに注いでストレートではないでしょうか。
「ウォッカはストレートで飲むもの」というイメージが強いですが、テキーラと同じように、ジンジャエールと混ぜて飲む、ショットガンスタイルも一般的です。
しかしテーブルやカウンターが痛むので、バーに拒否されることもあります。

他には、カクテルにして飲むのもメジャーです。ウォッカは癖が少ないので、柑橘類のジュースと相性が良く、オレンジジュースと混ぜるスクリュードライバーや、グレープフルーツジュースと混ぜるソルティドッグも好まれています。
また最近はフレーバードのものも増えているので、ロックで飲むスタイルも流行しているようです。

お酒買取り市場での価値

画像引用元:http://www.suzusake.com/SHOP/01519.html

ウォッカは安価なものが多く、買取り価格も基本的に安いといえるでしょう。
しかし「グレイグース VX」のようなプレミアムなものは、3,000円程度と高額なものも存在します。

テンション上げ!には必須「テキーラ」の買い取り

テンション上げ!には必須「テキーラ」の買い取り

ショットで飲むお酒の代表格といえば、なんといっても「テキーラ」です。
とにかくテンションを上げたいときに飲むお酒としても有名ですね。
この記事ではテキーラの歴史や、お酒買取り市場での傾向をご紹介します。

テキーラとは

テキーラはメキシコのハリスコ州近辺に自生している、竜舌蘭を蒸留しつくられたお酒です。
元はプルケという古代アステカ時代から伝わる伝統的な醸造酒がルーツで、コンキスタドールが駐留中に飲むお酒としてプルケを蒸留したのが始まりともいわれています。
原料に使われる竜舌蘭はアガベとも呼ばれており、ヘルシーであると評判になった、アガベシロップの原料としても有名です。

アルコール度数は35%から55%と、かなり強いお酒といえます。
またテキーラにも種類があり、原料がアガベ100%のものと、アガベを51%以上使用し、残り49%に他の副材料を使用して発酵、蒸留したものの2種類が代表的です。
アガベ100%のものには必ず「100% de Agave」トラベルが貼付されています。

世界中で親しまれているテキーラは、基本的にアガベ100%のものです。
こちらは原料がシンプルで、余計な混ぜ物がありませんので、度数の割に二日酔いになりにくいのが特徴といえます。

テキーラの飲み方はどんな感じ?

テキーラは、様々な飲み方ができるお酒です。原産地であるメキシコでは、ライムを絞り塩を乗せて舐め、ショットでテキーラを飲み、ライムをかじってから塩を舐めるという飲み方が伝統的とされています。
しかし最近はストレートやロックといった飲み方も流行しているようです。

アガベ100%のプレミアムテキーラと呼ばれるのものが増えた影響と思われます。
混ざりものがあるテキーラとは違う品質の高いものであれば、ほんのりとした甘味と、優しい香りを楽しむことができる飲み方といえるでしょう。

お酒買取り市場での価値

プレミアムテキーラが浸透してきているため、以前よりは買取り価格が上昇しています。
例えば、「グラン・パトロン・プラチナ」のような最高級品であれば、20,000円前後の査定額がつくようです。

またサボテンが形取られている可愛らしい便で人気の「ポルフィディオ・アホネ」「パトロン・アホネ」2,000円前後が相場といえます。
また国産メーカーからも何種類かのテキーラが販売されていますが、軒並み1,000円程度の買取り額となるようです。

  • 1