ハーブのいい香りの「コカレロ」の買い取り

テキーラ、イエーガーマスターに並ぶ、クラブシーンで大流行中のお酒といえば「コカレロ」以外にはありません。
最新のパーティードリンクとして一気に有名になりました。この記事では、コカレロの味わいや飲み方、お酒買取り市場における相場観などをたっぷりとご紹介します。

コカレロとは

画像引用元:https://luline.jp/magazine/none/cocalero/

コカレロは、南米原産の伝統的なハーブ酒です。
名前の通り、原料にはコカの葉が使用されています。コカの葉と聞くと、麻薬のコカインを連想する方もいるかもしれませんが、こちらのお酒には、麻薬成分は一切入っていません。
安心して飲むことができます。 コカの葉以外に、アマゾンガラナ、ラベンダー、ジュニパーベリー、ミント、朝鮮人参、生姜や緑茶、オレンジピールといった、17種類のハーブがブレンドされている、古くから南米で飲まれてきたお酒です。
現在販売されているコカレロは、アイルランドが原産となっており、アルコール度数は29%と、ショットで飲むお酒の中ではアルコール分は軽めといえるでしょう。

多種類のハーブの組み合わせが魅力的なお酒と言う意味では、イエーガーマスターと似通っていますが、飲み口はどちかというと爽やかで、お酒の色あいも味に似て綺麗な緑色です。
パリピの間で人気が出るのも頷ける、お洒落なビジュアルが特徴的といえます。

コカレロの飲み方はどんな感じ

画像引用元:https://cafe-bar-jack.com/2017/07/11/post-686/

コカレロの最もベーシックな飲み方といえば、ショットではないでしょうか。
しっかり冷やして、ライムと一緒にショットで飲むとテキーラとは一味違う味わいを感じることができます。
また他にも、コカレロとジャックダニエルを1:1でショットグラスに注いで飲む、ジャックハイも人気です。

しかし1番人気の飲み方といえば、ボムグラスを使用したコカボムしかないでしょう。
専用のボムグラスの下部分に割り材を入れ、上部にコカレロを注いで完成します。
中でもレッドブルと合わせるスタイルが、最もメジャーな組み合わせのようです。
レッドブルのカフェインとコカレロがの相性はかなり良く、お酒に弱い人は一気に酔いが回ってしまうので、十分に注意して飲んでください。

買取り価格の相場をご案内

コカレロは1本5,000円前後で販売されているお酒ですので、買取り価格は2,000円程度といったところでしょうか。
ボムグラスやショットグラスがセットになっている場合は、もう少し高いかもしれません。どちらにせよ流行中の今が売りどきです。