薬草効果で健康にいい!?「イエガーマイスター」の買い取り

ショットで飲むお酒は、何もスピリタスばかりではありません。
今回の記事でご紹介する、「イエーガーマイスター」のようなリキュールも存在します。
クラブなどのパーティーシーンでも大流行したため、その名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

イエーガーマイスターとは

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-700ml-35%E5%BA%A6-%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81/dp/B0060LC1SW

イエーガーマイスターは、ドイツが原産国のリキュールでアルコール度数は35%と、ショットで楽しめるお酒の中では度数は低い方です。
全ての原料が公開されているわけではありませんが、アニスやキャロブ、甘草、サフラン、フェンネル、カモミール、ゲンチアナなど、56種類もの果物やハーブ、草根木皮を使用して製造されているといわれています。
これらの素材を蒸留酒に漬け込み、一定期間寝かせた上でさらに蒸留し、オーク樽にて熟成させることで完成するといわれていますが、製法に関しても公開されていないので、その実態に関しては不明です。

多数のハーブからエキスが抽出されているので、薬効があると信じられており、実際にドイツでは薬代わりに飲用しているユーザーも多いです。
確かに素材を見る限りは、かなり体に良さそうに思います。また1980年代にはニューオリンズで大ヒットし、アメリカ国内での人気を確かなものとするなど、世界的にも人気が高く、年間690万ケースも売れているという売上データがあり、リキュール類の中では世界で最も売れているお酒といえるでしょう。

イエーガーマイスターの飲み方はどんな感じ

画像引用元:http://chie.media/I0002913

薬用として親しまれているドイツでは、ショットで飲むことが多いようです。
その際はボトルが凍りつくくらいしっかりと冷やしてから飲まれています。
他には、様々な割り材を使用する飲み方も人気です。

かなり特徴的な味でクセも強いため、世界的にはジュース類と混ぜて飲む飲み方の方が主流かもしれません。
コーラやジンジャエール、オレンジジュースで割って、カクテルとして飲まれています。
また日本のクラブシーンでは、大ヒットしているエナジードリンクのレッドブルとブレンドした、「イエーガーボム」という飲み方が若者の間で大流行しています。
いつの間にかテキーラを超える、パーティードリンクの新定番になりました。

お酒買取り市場での買取り価格の相場

イエーガーマイスターは、1本2,000円以下の安価なお酒ですので、買取り価格も安いです。
700円から800円といったところではないでしょうか。