テンション上げ!には必須「テキーラ」の買い取り

ショットで飲むお酒の代表格といえば、なんといっても「テキーラ」です。
とにかくテンションを上げたいときに飲むお酒としても有名ですね。
この記事ではテキーラの歴史や、お酒買取り市場での傾向をご紹介します。

テキーラとは

テキーラはメキシコのハリスコ州近辺に自生している、竜舌蘭を蒸留しつくられたお酒です。
元はプルケという古代アステカ時代から伝わる伝統的な醸造酒がルーツで、コンキスタドールが駐留中に飲むお酒としてプルケを蒸留したのが始まりともいわれています。
原料に使われる竜舌蘭はアガベとも呼ばれており、ヘルシーであると評判になった、アガベシロップの原料としても有名です。

アルコール度数は35%から55%と、かなり強いお酒といえます。
またテキーラにも種類があり、原料がアガベ100%のものと、アガベを51%以上使用し、残り49%に他の副材料を使用して発酵、蒸留したものの2種類が代表的です。
アガベ100%のものには必ず「100% de Agave」トラベルが貼付されています。

世界中で親しまれているテキーラは、基本的にアガベ100%のものです。
こちらは原料がシンプルで、余計な混ぜ物がありませんので、度数の割に二日酔いになりにくいのが特徴といえます。

テキーラの飲み方はどんな感じ?

テキーラは、様々な飲み方ができるお酒です。原産地であるメキシコでは、ライムを絞り塩を乗せて舐め、ショットでテキーラを飲み、ライムをかじってから塩を舐めるという飲み方が伝統的とされています。
しかし最近はストレートやロックといった飲み方も流行しているようです。

アガベ100%のプレミアムテキーラと呼ばれるのものが増えた影響と思われます。
混ざりものがあるテキーラとは違う品質の高いものであれば、ほんのりとした甘味と、優しい香りを楽しむことができる飲み方といえるでしょう。

お酒買取り市場での価値

プレミアムテキーラが浸透してきているため、以前よりは買取り価格が上昇しています。
例えば、「グラン・パトロン・プラチナ」のような最高級品であれば、20,000円前後の査定額がつくようです。

またサボテンが形取られている可愛らしい便で人気の「ポルフィディオ・アホネ」「パトロン・アホネ」2,000円前後が相場といえます。
また国産メーカーからも何種類かのテキーラが販売されていますが、軒並み1,000円程度の買取り額となるようです。